うつ病のこと ペット 母のこと 母の日記

本当に大丈夫?ペットを飼う前に考えて欲しいこと。

投稿日:2016年2月5日 更新日:

Group of pets sitting in front of white background
1つ前の記事で「癒やし」について書いたのですが、そこを踏まえたうえで「ペットを飼うこと」について少し触れていこうと思います。

私自身の経験からして、これから飼おうと思っている人も、飼っている人も話し合っておいて欲しいなと思うことをいくつかあげてみました。

経済的に大丈夫か

当然ながら餌代は定期的にかかりますよね。犬、猫、フェレットあたりだとワクチン代も必ず必要です。病気やケガをしたときには病院に行かなければならないこともあるでしょう。犬を飼った場合は「登録料(3000円程度)」が必須ですし。室内で飼うのなら、トイレやペットシーツなんかも。とにかくなんだかんだと結構かかります。

保険に入るなら、毎月の保険代も必要ですね。私はフェレットを飼っているときに入っていましたが、通院、入院、手術でだいぶ助かりました。

本人以外に世話のできる人はいるか、頼める人はいるか

うつの症状が重症化した場合、または入院になった場合、代わりに世話のできる人がいるかどうか確認しておかなければいけません。またはそうなったときに慌てないよう、事前に決めておくとよいと思います。ペットシッターを探しておくのもいいと思います。

うちの場合、母の入院を検討していたとき、当然「犬は誰がみるか」の話しになったんですが、叔母は犬を飼っているから拒否、叔父と弟はペット不可の賃貸、妹は持ち家ですが新築だったせいか「うちはちょっと……」でした。もし入院になっていたら、交代で通って世話をするか、私たち家族のマンションでみるしかないかなあと思っていました。

いずれにしても、準備や覚悟が必要ですね。

死んでしまったときのことも考えておく

ただえさえ弱っているところにいつも一緒だったペットが死んでしまったら……。本人が耐えられるか心配です。前もって主治医に相談するのもいいと思います。

また、残念ながら死んでしまった場合、本人が後処理をできない可能性があります。パニックにならないともかぎりませんので協力してあげて欲しいと思います。

癒やしになるはずのペットが精神的負担に

私の母は2006年に犬を飼いました。これまでもずっと犬を飼っていて、猫、外飼いの犬がすでにいたんですが、本人がどうしても欲しいということで飼いはじめたようです。

この頃母はまだ通院していませんが、日記を読むかぎり、すでにうつ病の症状が出ています。飼い始めて、しばらくすると「言うことをきいてくれない」といって犬を叩いたり、怒鳴ったりするようになりました。

うつ病の母の日記 ペットについて
うつ病の母の日記 ペットについて
カッとなって止められない。そして叩いてしまった自分を責めるんです。これでは、犬も母もしんどいだけです。

今でこそ叩くことも怒鳴ることもなくなりましたが、上の日記以外にも怒鳴ったり叩いたりしていたことが書かれていました。で、その度に自己嫌悪になって、でも感情をコントロールできなくてまた叩いてしまう……この繰り返し。日記を読んでいるだけでかなりつらくなりました。

アンガーマネジメントの話し「怒りは高いところから低いところへ流れる」と書きましたが、まさにそんな感じですね。何もいいことはないです。

また、私の姪のことですが、彼女は躁うつで、母とは違うタイプのうつ病です。本人が「犬を飼いたい」と言って飼うことにしたのですが、途中から世話をしなくなりました。糞尿が部屋中にそのまま放置されていて、因果関係はわかりませんが、犬は皮膚病になり、それは酷いありさまでした。

勝手に部屋を掃除したり片付けると、怒るので母親もなかなか手を出せなかったようなんですね。

本当に犬が可哀想で、私が引き取ろうかと思ったくらいです。

結局、見かねたその子の母親が面倒をみることになり、それは今でも変わっていません。散歩も餌やりも、犬の体調が悪くなったときも、掃除もすべて母親がやっています。もちろん、姪に悪気はないんです。それはみんなわかっているんです。だからこそ本人も周りもしんどいんです。

犬も辛かったでしょうし、結果的にその子の母親も毎日の負担が増えることになります。飼う前によく話し合っておけばよかったのになと思いました。

まとめ

いかがでしょうか。

自分で書いていても「当たり前のことばかりじゃん」って思うのですが、日々の介護や環境の変化などがいっぺんにのしかかって来ると、意外に気が付かなかったり、忘れたりすることもあるんですよね。

どちらにしても症状が重度化したときに、代わり面倒をみれる人がいるか、本人が入院になった場合、同居人がいればまだいいですが、私の母のようにひとり暮らしの場合、誰が世話をするのか明確にしておく必要がありますよね。

どうかペットとの生活がうつ病の方や家族のみなさんにとって良い方向へ向かいますように。

コンタクト用

ブログの記事に関すること、情報商材のこと、誰かに話しを聞いて欲しいなどなど、ブログのコメント欄からはちょっと聞きにくいなあというようなことなどありましたら、こちらからご連絡ください。

今現在、うつ病などの精神疾患でつらい方、ご家族にうつ病患者がいる方、どちらでも大丈夫です。なにかお力になれるかもしれません。
内容によってはお答えするのが難しい場合もありますが必ず返信します^^








-うつ病のこと, ペット, 母のこと, 母の日記

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.