このブログについて

このブログでは、うつ病の母をもつシュガーが、

・うつ病の治療のこと
・支援する家族にできること
・介護・介助に関すること
・家族からみたうつ病患者のこと
・転移性肺がんのこと など

母が10年以上続けたうつ病日記をまじえてお伝えしていきます。

2016年8月に乳がんから転移性肺がんを発症
さらにはB型肝炎になりました。

当ブログの記事に対して興味ないわ!という方は
そっとブラウザを閉じていただきますようお願いいたします。

IMG_1356母の日記について
本人の承諾のもと、掲載しております。
また、日記といっても一日の記録的な意味合いが強く、方言や誤字脱字が多いため一読しただけでは何を言いたいのか、何が書いてあるのかわかりにくい部分もありますが、その時の様子や本人の状態、うつ病をよく理解してもらうためにも、基本的には個人名や場所を特定できるワード以外、手を加えず記事にしていますので何とぞご了承ください。
ご質問などがあればこちらよりどうぞ。

名前:シュガー
性別:女(自由奔放な長女)
年齢:粋も甘いも知り尽くすには10年早い
職業:フリーランス翻訳者

前会社で、うつ病などの精神疾患で次々と退職・休職していくのを目の当たりにし、
「ここにいては潰される」と思い、在職中に在宅で仕事ができるように仕込みをはじめる。

精神的にもつらい時期が続き、自身は超軽度のウツを発症。


心療内科に通院するも、薬のせいで眠気が半端なく、服用しながらの仕事が困難だったため早いうちに薬も通院もやめてしまう。

しかし、心も体も限界に達し、2015年夏に会社を辞めてフリーランス翻訳者に転向。会社を辞めた途端、ウツの症状は自然と消えていった。

特許翻訳をメインに在宅で仕事を受注しながら安定稼働を目指していた矢先、母のうつ病が重症化。妹と叔母から「一度帰ってきて」と頼まれ、2015年11月半ば一時帰省。ふっくらしていた母がやせ細り、以前の明るくて、ひまわりのようだった母の変わりように愕然とする。

追い打ちかけるように、同年12月18日に祖母が亡くなり、旦那さんに家と子供のことをお願いし、自分だけ帰省。葬儀の翌日、母の発作(死にたいと泣き叫ぶ、唸るような声でブツブツ言う、手の震え)を目の当たりにし、ひとりにはできないと判断。家族で協力し合い、母を支えていくことを誓い結束。滞在中、祖母の死亡にともなう各種手続き、母の障害年金の申請準備、主治医、ソーシャルワーカーとの相談や面談など諸々をこなして広島へ戻る。

今回の母のことをきっかけに、うつには様々な症状があり、奥が深いことを知る。
2016年8月乳がん手術8年目に転移性肺がんが発症。加えて、B型肝炎に。

現在は心理学や臨床心理学に関するセミナーを受講し、本を読みあさり、インターネットでのリサーチを活用しながら独学でうつ病や転移性肺がんについて勉強中。フィルムカメラで写真を撮るのが趣味。

↓別ブログです↓※クリックで飛びます
ロゴ03カメラ、写真について書いています。あと、カメラ転売についても少々。(私自身は転売はしていません)カメラに触れて、写真を撮ることで現実逃避しながらも、実社会との境界を保とうとしています(苦笑)
カメラ堂のほうには、動画もアップしていますので興味のある方はぜひのぞいてみてくださいね。

ブログの記事に関すること、情報商材のこと、誰かに話しを聞いて欲しいなどなど、ブログのコメント欄からはちょっと聞きにくいなあというようなことなどありましたら、ご連絡ください。

今現在、うつ病などの精神疾患でつらい方、ご家族にうつ病患者がいる方、どちらでも大丈夫ですよ。なにかお力になれるかもしれません。
内容によってはお答えするのが難しい場合もありますが必ず返信します^^
メッセージを送る

↓↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓↓
メルマガバナー00

投稿日:2016年1月7日 更新日:

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.