うつ病-病院・薬のこと 母のこと

主治医と合わない?転院するのもアリなんです

投稿日:2016年1月10日 更新日:

c2207037a011e694663395652d71b653_s
去年、母は2年通院した病院を転院しました。

理由はただ1つ。主治医と合わなかったからです。

でもただ「なんとなく嫌い」ではなくて、パソコンを操作しながらの診察に耐えられない(真剣に話しを聞いてくれていないと感じたそうです)、対応が冷たい(素っ気ない)という明確な理由があってのことです。

転院したい理由をできるだけハッキリと

母が住んでいるところは田舎なので、精神科の選択肢があまりありませんでした。もう少し足を伸ばせば、評判のよさそうな(あくまでも「良さそうな」)病院もあったのですが通えないと意味がありませんから、とりあえず市内にある同じ系列だけど、方針も医院長も違う病院に転院しました。

今のところ、転院して劇的な変化は見られませんが、少しずつ、本当に少しずつ調子の良い日が出てきました。本人も「外に出るのはあいかわらず億劫だけど、今度の先生はきちんと目を見て話してくれるし、口調が優しいから満足している」と言っています。

実際に受診してみないと見えてこない部分もある

私の母のように、転院したい理由がはっきりしていればいいのですが、そうではなく感覚的なものが理由だと、転院を繰り返してしまう病院ジプシーになりかねません。

大きな病院だから安心、地元で有名な病院だから大丈夫と言っても先生が何人かいらっしゃる場合、それはまったくアテになりません問題はその中身であって、先生をはじめ、スタッフの方の経験値がどれくらいあるのか、治療方針も含め、実際に受診してみなければ分からないこともあります。

そういった意味でも、診察の際は可能な限り付き添ってあげることをおすすめします。先生から直接話しを聞く、質問をする、スタッフの方の対応を観察する。これってすごく大事です。

 

うつ病になるとあらわれる体の不調や、医療機関と精神科医の選び方のポイントなどをまとめた「国際疾病分類による うつ病チェックシート」をつくりました。

 

チェックシートのほか、主治医、受講したセミナー、私の家族の体験や
さまざまな本から得た情報と知識をPDF資料にしました。
ブログでは書いていないことがほとんどです。

以下から無料でダウンロードしていただけます。ぜひ、ご活用ください。
※メルマガ登録ではありません

お名前 (必須※ニックネーム可)

メールアドレス (必須)

なにか困っていることはありませんか?(必須ではありません)

-うつ病-病院・薬のこと, 母のこと

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.