うつ病のこと 睡眠のこと(不眠・過眠・中途覚醒)

回復期の波。「眠れない」と電話をしてくる

投稿日:2016年6月10日 更新日:

最近調子が良さそうと、1つ前の記事でも書きましたが、それでもまだ「眠れない」と言って夜に電話してくることがあります。

週に1回程度ですがジムに行って運動できるくらいになっても、まだまだそんなことがあるんです。ですが、そこは一緒になって落ち込んだり、悩みすぎたりしないようにしてくださいね。相手の話しを聞くことは聞くのですが、回復期やうつ病とは「そういうものなのだ」とわかってください。

体内時計と睡眠の関係

ゆがんだ青い時計の写真

うつ病の人って、脳の機能障害で体内時計が正しく作動しなくなると考えられていて、その結果、実際の時間と体の時間とズレが生じてしまうんですね。

母もそうですが、うつ病の人は朝に調子が悪いのが特徴です。朝、起きられずに会社や学校に行けない……というのがよくあります。めまいや頭痛、あと腹痛なんかも母の過去の日記を読むと朝に集中していることが多いです。

で、午後になると少しずつ調子が上向いてきて、夜には今度はなかなか寝付けないとか途中覚醒したり、早朝に目が覚めてしまって眠れない、となります。午後から夜にかけて、体が覚醒モードになっているんですね。

こういった「眠れない」を放っておくと大変です。よく疲れずぎると眠れないとか、寝付きが悪くなるといいますが、そう簡単に判断してしまうのは危険なのです。

うつ病は早期発見がとても重要だということは何度もお話しているのですが、それは私が、母の苦しみやしんどさに気がついてあげられなかった、という後悔もあってのことなのです。もっと早く気がついていたら、と日記を読むたびに涙が出ますし、悔しい思いでいっぱいになります。

脳ナビでセルフチェック

うつ病は脳の機能障害で、それには減ってしまった脳細胞を回復させるということが必要です。脳と密接な関係があることから「脳ナビ」を使えば自分でもセルフチェックすることができます。下記からダウンロードできます。うつ病チェックにも使用できますのでご利用ください。

 

自分や家族が「うつ病かもしれない」と思ったときは、1~4の「睡眠障害」と、34、35の「体内時計のズレ」の質問をチェックしてみてくださいね。両方に「はい」がある場合は、うつ病に詳しい病院で相談されることをオススメします。

 

コンタクト用

ブログの記事に関すること、情報商材のこと、誰かに話しを聞いて欲しいなどなど、ブログのコメント欄からはちょっと聞きにくいなあというようなことなどありましたら、こちらからご連絡ください。

今現在、うつ病などの精神疾患でつらい方、ご家族にうつ病患者がいる方、どちらでも大丈夫です。なにかお力になれるかもしれません。
内容によってはお答えするのが難しい場合もありますが必ず返信します^^








-うつ病のこと, 睡眠のこと(不眠・過眠・中途覚醒)

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.