たまには私のこと 母のこと

自分がコントロールできないことに悩まない

投稿日:2016年8月21日 更新日:

初めの頃、このブログは
「障害基礎年金」「診断書」などで検索してこられる方がほとんどでした。

ところが最近は、「支える 限界」「家族 しんどい」といったキーワードが目立っています。
きっと、とても大変な思いをされているのだろうと想像します。

家族がうつ病になるということ

自分の大切な人が精神疾患者になる。

これは実際に自分が支える立場になってみないとわかりません。

私はそういった方たちに本当のことをお伝えしたいと思って
このブログを書いています。
そうすることで、私の気持ちも整理できるからです。

しんどい時は「しんどい」って言ってもいいんです。
それがカッコ悪いとか、情けないとかそんなことを言う人は
人に優しくなれないと思います。

自分のカッコ悪い部分を認められない、認めたくない、知られたくない。
だから我慢する。隠そうとする。誰にも言わない。

自分を受け入れないかぎり、うつ病の人の気持ちに寄り添うことなんて
できないんじゃないかって思うんです。

私はそこに気がつくまでに結構時間がかかってしまいました。

nayami

母が転移性肺がんに

そして今も、うつ病である母が転移性肺がんだとわかり、
今後、どうやって支えていけばいいのだろうか、
どうすれば母にとって一番いいのだろうかと考えて、考えて、
落ち込んだりします。
これを書いている今も、涙が溢れてきます。

どんな治療があるんだろう。
どれくらいの痛みなんだろう。
母はあとどれくらい生きられるのだろう。

でも、これって私にはコントロールできることじゃないんですよね。
私にも家族にもどうすることもできません。

治療は医師に任せるしかないし、
どんなに本人が痛がっていても変わってあげることはできないし、
母があとどれくらい生きられるかなんて誰にもわかりません。

自分がコントロールできないことに悩まない

考えることが悪いことだとは思わないけど、
自分がコントロールできないことについて
アレコレ悩んでも仕方のないことなんですよね。

母が重度のうつ病であるとわかり、それを受け入れて
「これから何年かかってでも一緒に戦う」と腹をくくったときみたいに、
ガンであることを受け止めて、腹をくくらなきゃと思います。

コンタクト用

ブログの記事に関すること、情報商材のこと、誰かに話しを聞いて欲しいなどなど、ブログのコメント欄からはちょっと聞きにくいなあというようなことなどありましたら、こちらからご連絡ください。

今現在、うつ病などの精神疾患でつらい方、ご家族にうつ病患者がいる方、どちらでも大丈夫です。なにかお力になれるかもしれません。
内容によってはお答えするのが難しい場合もありますが必ず返信します^^








-たまには私のこと, 母のこと

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.