母のこと 転移性肺がん

転移性肺がん AC療法初日です

投稿日:2016年9月5日 更新日:

今日から母の抗がん剤治療が始まりました。

「AC療法」という治療です。
(アドリアマイシン(Adriamycin)と
シクロホスファミド(Cyclophosphamide)の略)

AC療法の主な副作用

乳がんの治療ではごく一般的なものらしく、
抗がん剤の中でも副作用の強い部類に入ると聞かされました。
ここで「ああ、やっぱり乳がんからの転移なのか」と実感しました。

吐き気が出やすいので、最初に吐き気止めの点滴をしたそうです。

母が気にしていた「脱毛」からはやはり逃れられないようで、
「みすぼらしい抜け方」をしていくと主治医から聞いたみたいです。

主な副作用としては、吐き気、食欲減退、口内炎、味覚障害、
脱毛のほか、爪の変色ですね。

医療用ウィッグや帽子の準備

少し気が早いかもですが、
医療用ウィッグや帽子のカタログなどを数社から取り寄せて
実家に送る準備をしました。
抗がん剤治療が始まった以上、覚悟して準備しておいてあげることしか
今の私にはできません。

女性で髪の毛が抜けてなくなるというのは、
一体どんな気持ちなんでしょうかね。
たとえ一時的なこととは言っても、きっとショックなんだろうなと
想像することはできるのですが。心が痛いです。

うつ病の薬は飲み続けても問題ないらしく、一安心です。

56e91db54b521dc654060ed09492f7c0_s

ただ、服用する薬も増えるということで
飲み忘れ、飲み間違いには気をつけないといけないですね。

小分けケースやお薬カレンダーみたいなものを活用して
予防できることはやっていかないとなあ。と。

あれこれ考えるばかりで、
なにもできない自分がもどかしいです。

-母のこと, 転移性肺がん

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.