転移性肺がん 転移性肺がん 抗がん剤治療

転移性肺がん 脱毛が始まりました

投稿日:2016年10月16日 更新日:

少し前のことになってしまうのですが。

母がAC療法を始めてからおよそ3週間で髪の毛が抜けはじめました。

やはりショックだったようで、電話の声が少し震えていました。
どうしてあげることもできず、心が痛いです。

洗髪したあと、髪を乾かすのがひどく疲れる(大量に抜けるので)というので、
「抜けてしまうのであれば、乾かす必要はないんじゃない?
タオルで少しトントンしてからあとは自然乾燥させたらどうか」と提案したら
母もすっかり安堵していたのですが。

数日後、電話してきて「濡れたまま飛散防止用のキャップをかぶって
寝たら、髪の毛が絡まってどうしようもなくなったので◯◯(私の妹)にハサミで
切ってもらった」と言っていました。
なんだか申し訳ないことをしました。

他に良い方法があったのかもしれません。

ウィッグより帽子

事前に、数社分の医療用ウィッグと帽子のカタログを送っておいたのですが、
まだ全然抜ける気配がしないといってのんびり構えていたのが
つい最近のことだったんですが。

「ウィッグより帽子がいい」という母の希望で、
ウィッグは見送って帽子を注文することに。

やはり初めてのことで、ウィッグだとなかなか手が出ないというか。
ハードルが高く感じるのかもしれません。

手入れの仕方だったり、本当に自分の頭にフィットするのかなど。
田舎なので店鋪に行くことができないため、
どうしてもインターネットに頼らざるを得ません。

今回数社から帽子のカタログを送っていただいたんですが、
医療帽子プレジールさんはとても丁寧な対応をしていただきました

医療機関様に設置されている医療帽子のカタログとチラシを
とても迅速に送付していただき、母もバリエーションの多さに
喜んでいました。
※アイキャッチの画像はプレジールさんよりお借りしました

自宅で試着できる医療用ウィッグ

最近ではウィッグを無料で貸出してくれるメーカーもあり、
私も母がウィッグを購入したいと言ったら
自宅で試着ができるところにお願いしてみようと思っています。

検討中なのは、ライツフォルです。

ライツフォルなら宅配無料試着サービスで安心

実際に無料貸し出しを頼んだときには
参考になるようなレポートを記事にしようと思います。

-転移性肺がん, 転移性肺がん 抗がん剤治療

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.