社会保険労務士 障害年金

社会保険労務士に電話やメールで相談したときに聞かれること

投稿日:2016年11月1日 更新日:

私が母の障害基礎年金の申請を「社会保険労務士に頼もうかな」と
電話やメールで問い合わせをしたときに聞かれたことをまとめておきます。

3ddd419c25825fd4a691cd3162124dac_s

全部で5つの事務所に問合せましたが、
だいたい同じことを質問されました。
できれば事前に回答を準備しておかれると話がスムーズにいくと思います。

必ず聞かれること

「初診年月日」

これはどの事務所からも聞かれました。必須項目ですね。

申請をしようと決めたら、主治医やソーシャルワーカーに相談し、
初診日を確認しておきましょう。

転院した場合は、転院前の病院で初診日を確認する必要があります。

「初診日時点で加入していた年金制度」

国民年金か、厚生年金か、共済年金か。
申請できる障害年金や、等級なども違うので初診日同様、
自分がどの年金に加入しているのか確認しておく必要があります。

以下に書いた方法でも調べることができますし、
近くの年金事務所でも調べてもらえます。

「基礎年金番号」または「受給資格があるか?」

基礎年金番号は、以下の書類で調べることができますよ。

■国民年金保険料の口座振替額通知書
■国民年金保険料の納付書、領収書
■年金証書
■各種通知書等(年金額改定通知書、年金振込通知書等)
■「ねんきん定期便」

会社員の人は、会社の総務課などで確認できます。

もし、それでもわからない場合は、
ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル  0570-058-555 に電話すると、
後日、基礎年金番号が記載された書類が郵送されてきます。
※電話では返答できないそうです

地方に住んでいる場合のサポート方法は?

全国対応の事務所や、遠方の社労士さんに手続きをお願いした場合、
基本、電話かメールで対応され、書類などは郵送されてきます。
患者さん本人が対応するのであれば、やはり誰かのサポートが必要だと思います。

主治医への診断書作成依頼などでの同行ができない(対応外)ときは、
社会保険労務士が「診断書作成依頼状」を作成して
郵送される場合もあります。その依頼状を持って
主治医に診断書の作成を本人(または家族)がお願いすることになります。

社労士が面談や対面での対応ができない場合は、
相当密に連絡を取り合う必要があると想像できます。

数回のメールや電話のやり取りだけで申請が通るほど
簡単ではないと思ったほうがよさそうです。

そのように念を押された社労士さんもいらっしゃいました。
厳しいようですが、ハッキリ言ってくださるだけ
良心的だと思います。

社会保険労務士に頼む前に

まずは、主治医やソーシャルワーカーに相談しましょう。
社会保険労務士に頼むのはそれからでも遅くはありません。

420af7fb6075f8a2acb489a24b7481d7_s

ほとんどの事務所が、無料相談を実施されていますので、
利用してみるといいですよ。

中には、質問とは違うことを回答してきたり、
メールで問い合わせをしても返信がないこともありますが。

どんなに優秀で、親切な社労士でも、
医師の診断書を操作することはできません。

できれば、面談が可能な社労士さんの無料相談を利用して
よく検討されてみてくださいね。

-社会保険労務士, 障害年金

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.