悩んでいること 母のこと 転移性肺がん 転移性肺がん 抗がん剤治療

「抗がん剤治療をやめたい」

投稿日:

またしばらく間があいてしまいました。
もう1月が終わろうとしているんですね。

以前、母の近況とご挨拶で書きましたが、母はAC治療が終わって
現在、次の抗がん剤治療に入っています。

先日母が電話で、
「抗がん剤治療をやめたい」と言ってきました。

副作用の症状を聞くと、体の倦怠感、腰の痛み、何を食べても美味しいとは感じず、
横になっても、立っていてもとにかく辛いと。

このまま続けても酷くなるだけだと言うのです。

抗がん剤治療をやめるということの意味。
死を覚悟させるほどの苦痛を伴う治療とは一体なんなのでしょうか。

最終的に「どうするか」を決めるのは本人ですが、
一度家族とも、主治医とも話しをする必要があると思っています。

このまま苦痛に耐えて延命を望むのか、
長くは生きられなかったとしても「自分らしく生きる」ことを望むのか。

もちろん、そんなに簡単なことではないです。
セカンドオピニオンも考えてはいます。

だけど、それも本人が嫌がるのであれば強制はできないと思っていて。

せめて、
せめて、今自分にできることはなんだろうかと考えます。

抗がん剤治療をやめれば、一緒に旅行だって行けるでしょうか。

北海道と京都に行きたいと言っていたんです。

「うつ病の症状がもう少し良くなったら行こうね」と言っていたのに。
癌がみつかって、それどころではなくなってしまって。

67250004

「また、電話して」
睡眠導入剤を服用した母の声が電話越しに小さく、細切れになっていくのを聴きながら
涙が止まりませんでした。

覚悟をしなければいけないのかもしれません。

-悩んでいること, 母のこと, 転移性肺がん, 転移性肺がん 抗がん剤治療

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.