母のこと 転移性肺がん 転移性肺がん 抗がん剤治療

母が入院。突然の抗ガン剤治療中止。

投稿日:

Doctors to push the wheelchair patient

母が入院しました。

抗ガン剤の副作用がひどく、歩くこともままならい状態で、どうしようもなく、
妹が入院を相談してきたので電話でいろいろと指示を出してやってもらいました。

白血球の数値が下がっていて、面会にはマスク着用、消毒の徹底をお願いされたそうです。
免疫力がかなり低下しているんでしょうね。

無事に入院できて、一安心していたのですが、妹からの報告メールを読んで
固まってしまいました。

そこには「抗ガン剤治療は原則通院のみだそうです。
本人の希望もあり、抗ガン剤治療をやめます。調子が良くなったからといって
再開はできないそうです。」と書かれていたんです。

「入院=今後の抗ガン剤治療は一切中止」

入院は副作用が治まるまでの措置で、体調が戻ればまた再開できるものとばかり思っていましたが
妹からの報告を読む限りではどうやら違うようです。

副作用で辛く、うつ病も患っている母が今後の治療方針についての判断ができるとは思えません。
車椅子に乗って、食事もとれず、ただただしんどいだけの母に何を決めろというんでしょうか。
家族と話し合う暇もなく、突然の抗ガン剤「中止」。
しかも、今の病院には1週間しかいられないので転院先を探さなければいけないとのことでした。

ソーシャルワーカーからは、「ホスピス」の紹介もされたとのこと。
もちろん、末期患者ではないので今入るわけではないのですが、
母に「その時」がきたらできるだけスムーズに入所できるよう、
今から面談や見学だけでもやっておくといいとすすめられたようです。

どういう基準があるかわかりませんが、入所するのはなかなか困難らしいです。
本人との面接もあるようですし。

しかし、そんなことよりもなによりも、まず、どういうことなのかを知りたい。
もちろん、最後に決めるのは母ですし、それは尊重しますが、ちゃんと知りたいと思いました。

今後、抗ガン剤治療はできないとはどういう意味なのか。
先生のやり方なのか、病院の方針なのか、それともそういう決まりなのか。
法律で定められていることなのか。

他の治療方法は?
これからどういう症状が出るのか、どう対処すればいいのか。
母は、あとどれくらい生きられるのか。

想像してみたんです。

あの広い一軒家にひとりで住んでいる母親を。
うつの症状で眠れない夜。
抗ガン剤の副作用で辛くて、苦しくても誰もいないことの心細さ。

ゾッとしましたし、涙が出ました。

どうするのが一番いいのかは、私にはまだわかりません。
まだ気持ちの整理がつきません。

-母のこと, 転移性肺がん, 転移性肺がん 抗がん剤治療

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.