母のこと 転移性肺がん

メールをくださったHさんへ

投稿日:2017年6月3日 更新日:

Hさん、はじめまして。

メールありがとうございます。
そして、お返事が遅くなってしまったことをお許しください。

Hさんからのメールを何度も、何度も読み返しました。
そして、久しぶりに声に出して泣きました。

ここ最近は、仕事に没頭し、母のことを考える時間をできるだけ作らないように意識して生活していました。でも、それは精神衛生上、よくなかったのかもしれません(苦笑)

仕事でどんなに夜更かししても眠れないのです。
疲れているはずなのに心が落ち着かず、寝付くことができないのです。
そして、突然と母の顔を思い出し、涙が止まらなくなり、
深い深い寂しさの底へ落ちていくのです。

日中ならまだいいのですが、夜中にこんな状態になるのが嫌で、睡眠導入剤を使うことが多くなりました。

母はまだ生きているのに、今からこんなことでどうするんだろうと思ってしまいます。

Hさんからのメールは励ますでもなく、責めるわけでもない。
私の気持ちに寄り添うような言葉で書かれていました。
とても嬉しかったです。月並みな言い方ですみません。
また、声に出して泣くことで気持ちが少しづつですが落ち着いていくのを感じました。

一つでも多く「やってあげられて良かった」と思えることが
増えていきますように。

ありがとうございます。
どんな小さなことでも、それが母にとって心地よく、幸せなことであるなら……耳を傾け、頷き、最善を尽くしたいと思いました。

本当にありがとうございました。

 

-母のこと, 転移性肺がん

Copyright© うつ病の人に家族がしてあげられること , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.